ホーム > 家具の修理

家具の修理

家具の修理について

食器棚やタンス開戸の蝶番金具は壊れていませんか?
ほとんどの原因は、家具を水平に設置できていないことによるヒビ割れや欠落です。
たび重なる引越しや模様替え等で設置に注意がいかないものです。

 

また食器棚や衣類が入っていない状態で水平でも、整理後は水平が保たれていない場合がほとんどです。
タタミの敷かれた和室でよく見られます。

 

どんな家具でも大切に使えば一生使うことが出来ます。
壊れた金具を交換するだけではなく、必ず水平設置することが重要です。
 

修理メニュー

イス ガタつきの修正や座面の張替え、ラタン(籐)の張替えなど
ソファ クッションなどの部分張替えや全面張替え、フレームの補強修理など
テーブル 高さの調整やサイズの変更(リメイク)、天板面の再塗装など
収納家具 蝶番や引き手の交換、引き出しや扉の調整
古い桐箪笥、
金具付箪笥や姿見
修復再生、更正(リメイク)
カーテン・シェードなど カーテンの仕立て直し、シェード類の 部品交換やメカの交換
保護ビニール、その他 2ミリ厚の非転写透明ビニールをテーブルや応接台の形に合わせてカットします

事例紹介

Yチェアの張替え(ペーパーコード)
repair_img_001 repair_img_002    BEFORE         AFTER
座面のペーパーコードを張替え(巻き直し)しました。フレームもチェックします。
  Yチェアの張替え(フレー ムのキズ)
repair_img_003 repair_img_004    BEFORE         AFTER
フレームの緩みを直し、サンドペーパーでキズを目立たなくします。仕上げは石鹸水で。

 

本革張りチェア(座面、背面)
repair_img_005 repair_img_006    BEFORE         AFTER
本革張りの座面を合成レザーで張り替えました。籐張りの背中部分も同じ合成レザーで張替えました。
  バランスチェア・マルチ
repair_img_007 repair_img_008    BEFORE         AFTER
膝の当たる部分と座面の張替え。椅子類の場合、基本的に中身のウレタンも詰め替えます。

 

板座のチェア(座面の割れ)
repair_img_019 repair_img_020    BEFORE         AFTER
古い接着剤を取り除いた後、新たに接着剤をぬり、
締め付け機材で圧着します。座面裏に補強板をする場合も。
  回転式チェア(フレーム交換)
repair_img_009 repair_img_010    BEFORE         AFTER
回転盤の取り付け部分の折れ。新たにフレームを作り直して組み付けます。

 

1人掛けソファ(詰め物、布張替え)
repair_img_015 repair_img_016    BEFORE         AFTER
肘部と4本脚を取りはずし、分解して張り替えます。40年以上使われたソファが新しくなりました。
  1人掛けソファ(詰め物、合成レザー張替え)
repair_img_011 repair_img_012    BEFORE         AFTER
金華山の布から合成レザーへの張替えです。
掛け心地も調整できます。もちろん本革でも張替えできます。

 

2人掛けソファ(クッション張替え)
repair_img_017 repair_img_018    BEFORE         AFTER
置きクッションタイプのソファー。座面の厚みも
変えられ、総張り込みのソファーに比べて予算も安く仕上がります。
  3人掛けソファ(布、総張替え)
repair_img_013 repair_img_014    BEFORE         AFTER
水漏れ事故で染み跡のついた3Pソファー。
クッション部分が羽毛入りのため、ツートーンで張り替えました。

 

唐木飾り棚(修復再生)
karaki001 karaki002    BEFORE         AFTER
引越しの際、壊れてしまった唐木の飾り棚。慎重に調整しながら修復、再生しました。
  三面鏡(修復再生)
kagami001 kagami002    BEFORE         AFTER
お母様が大事に使われていた三面鏡。壊れていた脚部もデザインを損なうことなく修復再生しました。

 

桐小物箪笥(修復再生)
kiritansu001 kiritansu002    BEFORE         AFTER
箱物家具は、一度分解して修復します。桐たんすの塗装は、表面特殊加工で長持ちします。
  桐昇り箪笥(修復再生)
kiritansu003 kiritansu004    BEFORE         AFTER
桐タンスは、虫喰いがあっても、同様の材質で補修できます。金具の欠落でも再生可能です。

 

食器棚(修復再生) 
mizuya001 mizuya002    BEFORE         AFTER
長年使われていた水屋でも再生できます。元の質感を大事にして修復いたします。
  金具付箪笥(修復再生)
seiritansu001 kseiritansu002    BEFORE         AFTER
扉が壊れて紛失していても大丈夫です。同じ材質のものを使って再生いたします。

 

着物箪笥(修復再生)
untitled untitled    BEFORE         AFTER
塗装についても、年代に合わせて、色を変えることが出来ます。
  イタリア製伸張式テーブル (天板再塗装)
italy001 italy002    BEFORE         AFTER
象嵌のテーブルの塗装も、輪染みもすべて大丈夫です。もちろん中央部分の中板も一緒に仕上げました。

 

座卓(天板再塗装)
zataku001 zataku002    BEFORE         AFTER
一枚板の天板には輪染みやキズもありましたが、天板面・表面を削ることで新品のようになりました。
  文机(再塗装)
huzukue001 huzukue002    BEFORE         AFTER
天板面と前面のみ再塗装しました。部分塗装も可能です。

 

丸ちゃぶ台(修復再生)
chabudai001 chabudai002    BEFORE         AFTER
中央のふた部分には七輪が入るようになっているちゃぶ台です。折れ脚部分にも工夫をして元のように使用できます。
   

店舗情報 家具のこと、修理のこと、お気軽にお問い合わせください。(随時受付)

contact1 contact2 TEL:096-369-2377
FAX:096-283-6070

E-MAIL:info@roomholic.net
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:不定休
住所:〒861-2103
   熊本県熊本市東区若葉6丁目11-19
   
大きな地図で見る



 

TEL:096-369-2377
FAX:096-283-6070
E-MAIL:
info@roomholic.net
営業時間
AM10:00~PM6:00

店舗は土曜、日曜、月曜のみ
オープンしています。
火曜~金曜は見積もりや納品を
行っております。
※修理のお問い合わせは随時
受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。